司法サポートプログラムとは


 アパリはわが国の刑事司法手続に薬物依存症治療を義務付ける制度が未整備であることに着目し、薬物問題を抱えた刑事被告人の方に、刑事裁判中に保釈申請して制限住居をダルクや病院に設定して一刻も早い治療につながっていただけるようコーディネートする司法サポートを中心に平成12年から活動してきました。
 アパリは刑事政策的観点から薬物依存症の治療を刑事司法システムに導入することを目指して、刑事司法手続の各段階にいる薬物依存症者に対して、アパリと密接な連携をしているダルク(全国に約70箇所ある民間の薬物依存症リハビリ施設のうち、アパリの司法サポートに協力してくれるダルク)、あるいは、精神科病院の医師と協働して援助の手を差し伸べています。

アパリ司法サポートの流れ


裁判段階


1.

2.
3.
4.


5.

6.


7.
8.

裁判段階では保釈プログラムと言って、保釈を許可された人にその期間、アパリと連携しているダルク等の施設に入寮し、プログラムを受けてもらい、その進捗状況を裁判で評価してもらいます。
裁判段階で保釈が取れない人には通信リハビリプログラムを開始します。
裁判の時には弁護人と打ち合わせを行い、情状証人に立ったり、報告書を裁判所に提出します。
刑務所で実刑になった人には、受刑中の引受人となり、帰住地をダルク等に設定できるように紹介します。
アパリのカウンセラーとの間で、通信リハビリプログラムに取り組んでもらいます。この通信リハビリプログラムは出所するまでの間、おおよそ2か月に1往復程度のやり取りを続けます。
執行猶予判決が言い渡された場合はその日から、実刑判決で刑務所に行った場合は出所日から、アパリと密接に連携しているダルクに入寮してもらい、治療プログラムを受けてもらうようにしています。
出所日には仮釈放の場合でも満期釈放の場合でも原則としてアパリのスタッフが迎えに行きます。仮釈放の場合には、入寮するダルクの施設のある地域にある保護観察所に一緒に同行し、手続をしてからダルクに向かいます。
満期釈放の場合は、刑務所からまっすぐダルクに向かいます。
プログラムがすべて終了した時点で、ダルクから円満退寮することになります。